1. Home
  2. 事業内容
  3. 事業スキーム

事業スキーム

西武SCCATが目指す最良のサービス提供とは、
「仕様発注(Out Tasking)」とは異質な「結果責任を負う性能発注(Out Sourcing)」です。
適正な人員配置や作業効率を考慮し、サービスの品質水準を明確にした性能発注手法を、委託者と受託者とのパートナーシップをベースに、合意形成し、訴求したいと考えます。

パートナーシップの要素とは

  • ・委託者の経営的視点に立った戦略性を以っての助言と提案
  • ・費用の合理性と透明性
  • ・適切・的確で常に信頼感を備えたマネジメント体制
  • ・関連する諸情報の迅速な処理・収集と提供あるいは対応

主要プロセス

主要プロセス

サービスの提供結果に対する責任を受託者が負うことから、提供されるサービス品質とその達成の有無を確認したり評価したりできる評価指標、測定指標は不可欠と考えます。
このサービス品質の達成の有無を確認する評価・測定手法として、

SLA(Service Level Agreement)=サービス品質を規定したサービス基準合意書
KPI(Key Performance Indicator)=重要業務評価指標

を導入して、サービスの妥当性や料金の合意性を確保し、レベルの維持向上を図ります。

このページの先頭へ